ずっと“何か”をしたいと思っていました。

 

この本の印税を熊本に寄付させていただくことにしました。

 

あなたが購入してくれた金額の10%(2018年内販売分)を、痛めつけられ続けている熊本に寄付させて戴きたいと思います。

 

 

中山マコトです。

なぜ、熊本なのか?

2005年の著者デビュー以来、40冊の本を世に出してきました。

そして、41冊目、

『(新宿駅の小さな店)ベルクは、なぜいつも満席なのか?』

が生まれました。

ベルクさんのご協力も得て、世間的にも価値の高い一冊になったと、自画自賛しています。

新宿駅の小さな店ベルクは、なぜいつも満席なのか?
熱狂的に愛されるお店・会社をつくる6つの秘密
 
中山 マコト著 

 

さて、私事ですが、私には故郷がありません。

生まれてから19歳で九州を後にするまで、九州の中だけを転々とする暮らしをしていたからです。

精神科の雇われ医師(後半は雇われ院長)だった父の気まぐれで九州の中だけを13か所も引っ越したんです。

ですから九州の中でも「ここが僕の故郷だ!」と言い切れる場所もないし、九州弁も話せません。

 

が、高校だけは3年間、熊本市内の高校に通いました。

今は校名も変わってしまった、当時は新興の高校でしたが、とにかく3年間、私を育ててくれたのは熊本でした。

今、大好きな音楽との本格的な出会いを創ってくれたのも熊本でしたし、書くこと、読むことの楽しさに目覚めたのも熊本でした。

つまり今の私は熊本の3年間でできたと言うことができます。

 

その熊本が今、痛めつけられています。

あの 激しく 容赦ない地震、そしてそれだけでも大変なのに、立ち直ろうと言う矢先の手加減無い大雨被害。

天はどこまであの場所にきつく当たるのか?そう思います。

 

もちろん最近の一連の自然災害。

遡(さかのぼ)れば東日本大震災から続く日本への試練は、ちょっと常軌を逸しています。

多くの場所、地域が、人が本当にきつい思いをしてきたし、今もそれは続いています。

みんなを支援したい!あっちもこっちも出来ることで応援したい!

その思いはもちろんあります。

 

が、私は今回熊本を選びました。

私のアイデンティティを育んでくれた、恐らく私のルーツを築いてくれた熊本。

 

その場所を、人を応援したいと思うのです。

 

 

 

 

 

 

この熊本を、こんな痛みを抱いている熊本を応援したいのです。

 

 

 

【売り上げの10%=年内に売れた分の印税のすべてを熊本に寄付させていただきます!】

 

 

 

 

私に、大したことはできませんし、大した人間でもありません。

ですがこれなら出来る!と気づいたのがこの寄付でした。

 

そして今回、私に41冊目の本を出す決意をさせてくれた新宿駅のビル内にある小さなBEER&CAFEベルク

 

この店もまた、各地に支援金、義援金を送る活動をずっと続けているお店です。

 

    

ベルクはずっと前からこんなことを続けています。

 

人に、地域に優しいのです。

ですからこのお店をテーマとして書いたこの本で、熊本を応援しようと決めました。

 

 

 

熊本地震義援金窓口】

http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_370.html

 

 

 

 

 

【本の内容=ベルクとは?】

あなたは新宿にあるお店「ベルク」を知っていますか?
たった15坪の小さなお店なのに、1日に来店客数は1500人にもなります。
あのセブンイレブンが平均1000人というのですから、繁盛ぶりはおわかりいただけるでしょう。

立地は新宿の駅ビルです。
なるほど、場所がいいから、自然とお客さんが集まるのだろう――そう思いましたか?
しかし、以前は公衆電話が並んでいたような、まるで飲食店には向いていない立地なのです。
さらに新宿の駅ビルですから、家賃は相当なもの。お客さんに対応するため、50人の社員とアルバイトを雇っています。人件費も結構な額です。

だからといって、商品の値段を上げることはできません。ベルクは、セルフの飲食店です。コーヒーは216円、ビールは324円です。

 

そうした厳しい条件のなかで、なぜ30年以上も営業し、利益を上げ続けることができるのでしょうか?
極めつきは、お店の存続が危ぶまれたとき、なんと2万人の署名が集まったというエピソード。お客さんにどれほど愛されているのかが、おわかりいただけたでしょう。

 

この型破りなお店を、41冊の著作を持つマーケターは惚れ込みます。
そして、「媚びない」「饒舌」「妥協しない」などといった6つの成功の秘密を見つけ出します。

 

本書を読んでいただければ、お客さんに熱狂的に愛されるお店・会社の作り方がよくわかります。
飲食店や小売店、エステサロン、美容室、治療院といった店舗経営、士業やコンサルタントといった個人事業主の方々に、とくにおすすめの1冊です。

 

 

 

 

 

 

【目次】

クリックして下さい!

 

 

ちょっとだけ内容を覗く。

クリックして下さい!

 

 

 

 

ベルクの店長:井野さんからの言葉。

――ベルクの店長が書いてくれました。――

 

 

元々ベルクの本は店の関係者以外のどなたかに書いてほしかった。その夢がかなった訳だが、10年前JRへの告発という下心があったからベルク本の執筆依頼を受けたものの、いざ書き始めると私ですらベルクという店は捉えどころがなく苦労した。中山さんよくやったなぁというのが今の正直な感想です。拍手!

 

 

 

【著者プロフィール】

 

中山マコト:食いしん坊マーケター&こぴーぷらんなー。

マーケティングシンクタンク勤務後、仲間たちとマーケティングコンサルティング会社を設立。
2001年に独立し、マーケティング、販売促進、広告制作に携わり、小売業、飲食業、サービス業などの売り上げ強化に手腕を発揮する。

 

また、広告・販促プランナー、コピーライターとして、大手製薬メーカー、日本有数の食品メーカー、飲料メーカー、日用雑貨メーカー、コンビニチェーン本部など、多くの国内外の有力企業をクライアントとして手がける。

 


著書に

『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』(KADOKAWA・中経出版)

『「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく』(学研プラス)

『フリーで働く!と決めたら読む本』(日本経済新聞出版社)

『お店の「バカ売れ」ポイントをつくる技術』(日本実業出版社)

『「爆売れ」コピーの全技術』 (かんき出版)

『9時を過ぎたらタクシーで帰ろう。』(きずな出版)

『飲み屋の神様。』(ヒカルランド)』

など、 41冊を数える。

 

 

 

 

 

【アマゾンキャンペーンをやります!】

 

 

 

アマゾンキャンペーンをやります!

 

通常のアマゾンキャンペーンは、

「私の本を一位にしてください!」

「上位を獲りたいんです!」

とまさに選挙運動のように、「私が!私が!」と言う自分のためにやる!と言うスタイルです。

 

ですが今回は順位は関係ありません。

何位になったとか、○○のカテゴリで一番になりたい!とか、そんな事はどうでも良い。

 

それよりも、何冊売れたか?

そこだけが勝負です。

売れた分が熊本への支援になるのです。

ですから・・・この本を広げたいのです。

 

ぜひあなたの力を貸してほしい。

このキャンペーンの事を一人でも多くの人に伝えて欲しい!

その願います!

心から・・・・そう願います。

 

 

【そうは言っても特典を付けます】

いくら寄付がメインの活動だと言っても、単に「買って買って!」と言うだけではそれはいかにも身勝手です。一方的だと思います。

 

なので、特典を用意しました。

もちろん、今回のテーマはベルクです。

素晴らしい店です。

 

ですから特典もベルクにちなんだモノを用意しました。

 

私がどうしても本にしたいと感じた、魅力あふれる素晴らしい店ベルクを知って欲しい、体験してほしい!

そんな思いも重なってそうしました。

 

 

【特典】

特典は4つです。

あとで出てくる応募手順に従って申し込んでいただければ特典が当たります。

全員に進呈する特典も用意していますし、ごくごく希少な特典もあります。

ぜひご応募いただいて手に入れてください。

※後半の特典内容は現在企画中です。お楽しみに!

 

今回のキャンペーンは、

前半(~11月15日まで)と、後半(11月16日~2018年末)の2回に分けて実施いたします。

それぞれ、締め切り日に抽選を行い当選者へお知らせいたします。

(全員への特典はキャンペーン申し込み時に。)

 

 

 

あなたの買ってくれた一冊が、

熊本の支援になります。

 

 

 

【特典内容】

全員に当たる特典。

『本には書けなかったベルクの残り二つの強み!』

紙面の都合上、泣く泣く割愛せざるを得なかった“ベルク二つの強み”を文章ファイルでご提供します。ぜひ読んでいただき、ベルクの魅力に、改めて触れてください。

 

先取り福袋。→3名様。
毎年、年始に数量限定で販売している大人気の“ベルク福袋”を今回、先取りでご用意しました。これ、絶対にゲットしてください。

『(新宿駅の小さな店)ベルクは、なぜいつも満席なのか?』発売記念! ”中山マコトとベルク店長、副店長の出版裏話!”

1000円でご招待!

※本を持参していただければ、1000円でご招待します。

※本は会場でも購入できます。

日時:10月28日(日曜)15時~17時半。

会場:ハコサロン(新宿区新宿5-9-6) 

【詳細、お申し込みはここをクリック】

https://letter.makoto-nakayama.com/berg-secret-talk/

ベルクの過去のお宝販促グッズ盛り合わせ。(冊子、リボン、包装のお飾り、etc)→ 2名様。

これまた激激激レアな特典です。だって、もう一般的には世の中にないものばかり。ベルク好きにはたまらない特典ですよね。

 

抽選で各、割り当て分が当たります。

今回のキャンペーンは、

前半(~11月15日まで)と、後半(11月16日~2018年末)の2回に分けて実施いたします。

それぞれ、締め切り日に抽選を行い当選者へお知らせいたします。

(全員への特典はキャンペーン申し込み時に。)

 

 

【キャンペーン参加方法】

 

 

追伸:

もちろんアマゾンキャンペーンだけが支援のカタチではありません。

「特典なんて当てにしてないから支援させろ!」とおっしゃる方も多いと思います。ぜひぜひ、本屋さんで購入してください。

本屋さんに足を運んでください。

 

もう一度言います!

アマゾンの順位なんてどうでも良いのです。

一冊でも多くが売れて、被災地に届くのであればそれはそれで嬉しいです。

 

あなたの力を貸してください!

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2016-2018 makoto nakayama All Rights Reserved.

 特定商取引法に基づく表示   プライバシーポリシー