著書35の中山マコトが、『書く起業』に必要な“その全て”をあなたに注入します!

 

writing-work-b

 

 

僕は、書く事でお金を手にしてきました。

毎年、“書くこと”で戦い、“書くこと”で、生き抜いてきました。

書くことだけが僕の武器でした。

 

 

writing-work-001-600

 

 

その『書くチカラ』のすべてを、

あなたにお渡しし、あなたを、

『プロのライター』に変身させるプロジェクトをスタートします。

 

 

 

 

【このプログラムを終了すると、“ある資格”が手に入ります。】

 

 

 

このプログラムは、

『書いて稼ぎたい人』

を養成するために生まれました。

 

単に、

messager-177 書くチカラを身につける、強める、

と言うだけでなく。

 

messager-177 書いた文章、コピーを“お金に換える!”

と言う、その一点を目指して企画されたものです。

 

このプログラムでは、随所に、

“ちょっとしたテスト

があります。

 

要は、あなたの理解度、再現力を見させて頂きます。

 

で、そのテストをクリアして頂ければ、

『中山マコト公認バカ売れコピーライター』

の資格を付与します。

 

writing-work-002

 

テストはそう難しいモノではありません。

オンラインの講義をキチンと受けて、宿題をチャンとやれば、間違いなくクリアできるレベルです。

それで、“公認”が取得できます。

 

要は、

「中山マコトの教え子だよ~」

と言うのを、ガンガン押し出してもらって構わない!

と言う事。

これ、集客に関しては、とても大きいですよね?

 

修了証と、“公認バッジ”を進呈しますので、それを有意義に活用してください。

 

writing-work-003-470

 

 

僕の著書(現時点で35あります)を見せて、

「この本を書いてる人に公認してもらってるんだよ」

と伝えて頂ければ、かなりの高評価になりますよね?

要は、お墨付きって事ですね。

 

 

 

 

【どんな職業の方でも参加できます!】

 

 

 

この書く起業塾。

今現在、書く仕事をやっている方だけのモノではありません。

「これからの自分に、“書くチカラ”が絶対に必要だ!」

そう考える方は全員が対象です。

 

そう、書くチカラはこれからの時代に、『最も求められるチカラ』です。

書くチカラが無ければ、絶対に伝わりません。

書くチカラの大小が、ビジネスの、いや、人生の成否を左右する時代になったのです。

 

 

 

【世界中、どの場所からでも参加可能】

 

 

 

この『書く起業塾』。

 

基本はオンラインセミナーです。

 

つまり、通信教育。

なので、世界中、どこに住んでいても大丈夫。

何の問題も、不利もありません。

遠慮無く参加してください。

writing-work-004-375

 

 

 

 

【どんな内容?】

 

 

カリキュラムの内容、早く知りたいですよね?

が、その前に!

 

この、『書く起業塾』の“他では絶対にあり得ない特典”のお話をしましょう。

それは・・・

 

『あなた商品化』

 

です。

 

僕、中山マコトは、

『人の本当の強みを見つけ、それを商品化するチカラ』

にかけては誰にも負けないと自負しています。

 

過去にも、『自分商品化プログラム』

として、延べ、200人以上の方の強みを見つけ、商品化して来ました。

その“特別プログラム”をあなたに適用します。

 

え?どう言う事?

そう思いました?

 

ライティングで生きていくと言うことは、

“ある分野、あるジャンル”の専門家なると言う事です。

いくら公認をもらっても、それが単なる、

“ライター”

とか、

“コピーライター”

と名乗ったのでは、何も伝わりません。

もっともっとシャープで、切れ味鋭い肩書きが必要なんです。

 

例えば、ひとつの例を示せば、

『集客に悩む、中小企業経営者メッセージ代行ライター』

と名乗れば、一瞬で伝わりますし、ターゲットも明確になりますよね?

 

もうひとつ。

『インターネットで確実に目にとまるバナーコピーの専門家』

でも良い。

 

このある意味の、“定義”が無ければ、いくら書くチカラをつけても、仕事には繋がりにくいんです。

 

ですから、僕、中山マコトが、

入塾早々の、あなたとの面談(リアルで会っても、スカイプでも大丈夫!)で、この“肩書き“を発見し、進呈します。

 

どうですか?

これ・・・・・嬉しいでしょ。

※もちろん、参加費に含まれていますので、別途費用は発生しません。

 

 

さてでは、どんなカリキュラムがあるのか?

ご紹介しましょう。

 

 

 

【『書く起業塾』メインカリキュラム】

 

 

 

中山マコトです。

中山マコトです。

僕、中山マコトは、

書くことは、マーケティングの1部だと考えています。

つまり、マーケティングの理解が薄い人の書いた文章やコピーは、
薄っぺらく、表面をなぞっただけのものになりがちなんです。

 

なので、単に“書くテクニック”ではなく、『マーケティング視点に即した書き方』

を徹底してお教えしたいと思っています。

 

書く起業に必要なつのチカラ

書く起業には、絶対に必要なチカラがいくつかあります。

 

 

(1)売れない言葉、売れないメッセージ、売れないコピーは、お金を生みません。

だから・・・。

messager-177 何を書くべきか?を見つけ出すチカラ

絶対に書かなければいけない要素のことを、僕は、『コアバリューメッセージ』と名付けました。

このコアバリューメッセージがずれていては、どんなに上手な書き方をしても、伝わりません。

つまり・・・売れない。

売れない言葉、売れないメッセージ、売れないコピーは、お金には変わりません。

コアメッセージを見つけ出す能力を、「キキダスマーケティング」「アイディアダンプ」「お店のバカ売れポイントを作る技術」「考えるな!人のアイディアを使え!」などのマーケティング本を書き続けてきた中山マコトが徹底してお教えします。

 

 

(2)お金をかけずに、出会いたい、付き合いたいクライアントだけを開拓する。

その為の・・・

messager-177 クライアントを開拓するチカラ

クライアントが無ければビジネスは成り立ちません。

そして、クライアントを、しかも、自分が出会いたい、付き合いたいクライアントだけを開拓するには、コトバのチカラ+ツールが不可欠です。

ツールと言っても、高額な費用がかかったのでは話になりません。

お金をかけずにクライアントを開拓できる、目から鱗のツールノウハウ。

その全部をお教えしますよ。

 

 

(3)書き続けられなければ、ビジネスでは無い。だから、

書き続けるための・・・・

messager-177 書くテーマを発見し続けるチカラ

書く起業、書く仕事で一番大切なのは、『書き続ける事』です。

すぐに煮詰まったり、バーンアウトしていたのでは仕事になりません。

中山マコトは修業時代、毎日2万文字を書き、それを公開していました。

つまり、誰かに読まれることを前提に、毎日2万文字を書いていたわけです。

で、その為には、『書くテーマ』を見つける能力が不可欠です。

僕が幾多の試行錯誤、逡巡の中から見つけ出した”続けるチカラのすべて”をあなたにお伝えします。

 

 

(4)伝わらなければ、書かなかったのと同じ。

だから・・・・

messager-177 確実に伝わる書き方のチカラ

伝える=伝わるには、感性や情緒は不要です。

小説家のような、美文麗文を目指す必要は無いのです。

伝わる文章やフレーズは、技術で書きます。

そしてその技術は、広く、そして深い。

この広くて深い技術のすべてを、書く起業塾では身につけて頂きます。

 

 

(5)真似から入ったのでは、いつまで経っても”本家”は超えられません。

だから・・・

messager-177 オリジナルのチカラ

ライティングと言えば、すぐに”欧米の著名ライター”の真似を始める人がいます。真似から入ることを推奨しているコンサルタントもいるようです。

それ、ハッキリ言ってバカです。

アホです。

ノータリンです。

書く起業には、『らしさ』が不可欠です。

独自の能力、独自の視点を持った人にだけ、価値ある仕事の依頼が来ます。

それが無ければ、「取りあえず書かせてみようか?」と言ったおざなりな依頼しか来ません。

結果、安く使われ、お金でもめ、疲れ果てるだけです。

ですから、書く起業塾では、他に真似出来ない、あなたらしい、自力で書くチカラ=一生モノのスキルを身につけて頂きます。

 

他にも、カリキュラムは沢山有りますが、まずはこの5つのチカラを徹底して身につけて頂きます。

 

 

 

 

【著名人からの推薦の声】

 

 

profile_image_round-1326 『仕事の8割は人に任せなさい』 著者 臼井由妃

 

私が関わる通販ビジネスは、キャッチコピーの出来が即、売り上げに響く世界。

ですから、誰もが売れるコピー作りに頭を悩ませているのです。

中山マコトさんは、そんな悩める者たちに勇気を与えてくれます。

商品に対して愛情あふれるキャッチコピーには、「殺されてもいい」「どうにでもして~」と購買欲がくすぐられます。

これが「コピー」の威力なんですね。

このプログラムなら、人の気持ちを揺さぶれる「売れるコピー」が必ず書けますよ。

 

 

profile_image_round-1326 『訪問しないで売れる営業に変わる本』 著者 菊原智明

 

私はこのプログラムの概要見せていただいた時、一気に最後まで読んでしまいました。

コピーライティングの重要性が、スーと頭の中に入ってきます。

また中山マコトさんが、ホームページのコピーを書いてくれるなんてスペシャルです。

私は訪問しないで売る営業コンサルとして営業レターの研修をさせていただいております。

手紙には「コピーライティングのチカラ」が必要不可欠であることを再確認させていただきました。

ビジネス、営業に関してたくさんの気づきを得ることができます。自信を持ってお勧めいたします。

 

 

profile_image_round-1326 『IDEA HACKS!』 著者 小山龍介

 

気になるあの人にメッセージを伝える不安と喜び……。

自分のためではなく、読んでくれる人のためにこそコピーを書くのだという姿勢は、立派な表現活動。僕たちの生活にドキドキ・ワクワクを呼び戻してくれるコミュニケーションの実践知に、大いに勇気づけられました。

 

 

profile_image_round-1326 『1日5分 頭がよくなる習慣』 著者 佐藤伝

 

う~む、参った! マコトさん、すごすぎます。

ここまで秘伝を公開しちゃっていいんですか!?

 

 

profile_image_round-1326 『1秒で彼を夢中にさせる本』 著者 藤沢あゆみ

 

プログラムの説明文章だけでも、23回アンダーラインを引きました。

 

 

profile_image_round-1326 『こころのエンジンに火をつける 魔法の質問』 著者 マツダミヒロ

 

あなたが、資産をすべて失ったとき、一番欲しい力は何ですか?

ぼくは優れたコピーを書く力です。

今ではぼくの書いた文章を毎日2万人が読み、全国や海外からセミナーの依頼がきます。

著書もたくさんの方に読んでいただいています。これもコピーの力かもしれません。

ではなぜそれほどまでにコピーに影響力があるのか?

その秘密がこのプロジェクトには溢れています。

あなたもこのプログラムをきっかけにして素晴らしいコピーを作ってみてくださいね。

 

 

このように多くの著者も、僕のコピープログラムに推薦の声を下さっています。ありがたいことです。

 

 

 

 

【スケジュール】

 

半年=ケ月。

オンライン講座がメインなので、いつ参加して頂いてもオーケーです。

い「いつがスタート」と言う決まりはありません。

あなたの都合次第です。

 

基本は、5つのチカラの“オンラインセミナー”を軸に、質問何度でも、どんな内容でもオーケー。

オンラインなので、いつでも好きな時に、好きなだけ繰り返し学べます。

毎月、一つのチカラに対し、二回に分けたオンラインセミナー。

 

最終回、6回目は総集編。

各回、オンラインセミナーを観て頂いた後、質問、疑問、相談・・・無制限。

どんな内容でも、どんな切り口でも大丈夫。

 

 

 

 

【他にもオプションで、特別セミナーあり。】

 

 

上記5つの大きなテーマ以外に、サブのテーマと言うのがあります。

 

例えば、

messager-177 文章の流れの作り方

とか、

messager-177 伝わるチューニングの方法

とか、

messager-177 専門用語とかカタカナ用語のバランスの問題

とか・・・

 

こうしたサブのテーマに関しても、本講義の合間を縫ってセミナー動画を提供して行きます。

楽しく学んで下さいね。

 

 

 

 

【特典】

 

 

この『即売れ技術研究所』(略称:技研

に、何と、98,000

で、参加できます。

http://letter.makoto-nakayama.com/giken-members/

 

ガンガンアピールし、クライアントと仲間を同時に見つけてください。

 

 

 

 

【気になる受講料】

 

 

あなたの人生一変させることに、

たしてあなたはいくら投資するでしょうか。

 

この、『書く起業塾』

本格募集時の参加費は、

298,000

です。

 

が、実はまだ“本格募集”はしません。

 

今回の募集は、

限定10名様のみ”

定価の3分の一にあたる、

98,000

で、募集します。

 

何故か?

理由は簡単です。

モニターになって欲しいのです。

 

モニターとして、色んなご意見を戴いたり、僕からの質問に答えて頂く事を条件に、

98,000円

で参加頂けます。

もちろん、内容は本講義と全く同じです。

 

※難しい質問や問いかけはしません。誰でも答えられるレベルの内容です。安心してください。

 

 

【一度に支払うのはきびしい!と言う方には、クレジットカードの分割払いが可能!】

クレジットカード払いの方に関してのみ、“分割払い” が可能です。

詳しくは、お申し込みの際に、申し込みフォームの備考欄に、“分割方法知りたい”と書いて送信してください。

詳しいやり方をお教えします。

 

 

 

 

【募集人員】

 

 

この条件での募集は・・・・・

最大10名様まで。

廉価を乱発すると、本募集の参加者に叱られるので。

 

 

お申し込みはこちら ↓ から。

※お問合せも大丈夫ですよ。

 

『書く起業塾』

writing-work-here

 

writing-work-order

 

チャンスの神様は、ウサインボルト並みに俊足です。

 

writing-work-005-478

 

すぐに走り去ってしまいますよ。

 

 

追伸:

よくある質問をまとめました。

あなたがこの講座に参加するにあたっての疑問・不安を解消できればと思います。

 

Q:プロライターになりたいですが、情熱がそこまでないかも…

とても魅力的なプログラムだと思います。

プロのライターになりたいです。

ただ、私はそれほどコピーに対して情熱を持っていないかもしれない、とか感じたりします。

私はいろいろな分野に興味が有るのですが、コピーライティングはその中の1つなのです。

そんな私がプロの世界でやっていけるのか、疑問に思っています。

 

A:はっきり言いますが、参加しない方がいいと思います。

スキルと情熱は深く関係しています。

なぜなら、情熱があればスキル不足はカバーできるからです。

スキルは後でなんとでもなりますし、そもそもそれを身につけるのがこのような講座だからです。

でも、情熱がなければ、何も起こりません。

今回のプロライターは、「情熱」こそが一番の原動力です。

環境や情報は提供しますが、それ以上は何もしないし、できません。

当たり前ですよね?

もし仮に僕に強制されて取り組んでも、あなたにとってそれはきっと楽しいものじゃないはずです。

あなたの未来のクライアントも「自分にできるかな…?」と不安に思っている人よりも

「なんでもいいから私に任せてください!」

と言い切れる人に仕事を任せたいと思うはずです。

(少なくとも僕はそうです)

だから繰り返しになりますが、

「本気で人生を変えたい」

「今の状況を打破したい」

「自分や家族、地元のために何かしたい」

そう強く願っている人でないと 続かないんじゃないかなと思います。


Q:年齢が50歳なのですが…

自分の「好き」という想いを仕事にできて、さらに実践的な仕事のとり方まで学べるところが、他のセミナーとは違うな、と感じていて、すごく興味があります。

ただ、年齢が50歳ですので、少々年をとっているかなぁ?と感じています。

ですが、決して年齢を理由に、みすみすチャンスを逃すつもりもありません。

年齢制限などはありますか?

 

A:ご質問、ありがとうございます。

年齢の制限はもちろんありません。

参加に必要なのは、あなたの本気の思いだけです。


Q:ライティング専門家向け? もしかして場違いかも…

このレターを読み返していると私は場違いかな?と考えてしまいました。

というのも、これまで私はライターとして働いたことがないからです。

もしかして、このプログラムは、ライターとして活動中の方向けだったのかな?と思っていたのですが、、、

でも、文章を書く仕事をしたいという思いだけはあります。

 

A:問題ないですよ。

むしろ、あなたのような方に参加してもらいたいプログラムです。

現在、既に活動中の僕の弟子は、全くライターとして活動したことがない人もいます。

もちろん、バリバリの経験者もいますが、逆にそういう人たちと同じ環境にいることが、自分のセルフイメージを高めて、成長スピードを上げてくれるんだと思います。


『書く起業塾』

writing-work-here

 

writing-work-order

 

 

 

 

Copyright (C) 2016 makoto-nakayama All Rights Reserved.

特定商取引法に基づく表示   プライバシーポリシー

中山マコトの「言葉の力を武器に走れ!」