あなたはコピーライティングの本、教材を買ったこと、ありますか?

あると言う方、手を上げて下さい。

 

で、どうですか?

スラスラと書けました?

売れるコピーに辿り着きましたか?

 

正直に告白します。

中山マコトです。

僕もコピーライティングの指南書を何冊も書いています。

教材もいくつも出しています。

色んな手法を公開して来ました。

 

もちろん、内容には大いに自信を持ってもいます。

僕の本、僕の教材以上に実用的なモノは無いと自負していますし、

事実、

「これまで手にした中で圧倒的に分かりやすかった・・・」

と言うご意見、感想も沢山頂いています。

 

ここでお終いにしておけば、僕は、

一番分かりやすくコピーライティングを教える人

と言う位置づけでいられるわけです。

 

それで、その評価で十分な訳です。

 

 

 

が・・・・・・・・・・

そこで留まれないのが僕、中山マコトのある意味、ダメなところ。

もっと上、もっともっと上。

究極のコピーライティング指南とは一体何だろうか?

 

もっと効果的な方法があるんじゃないのだろうか?

 

と考えてしまった訳です。

 

 

 

これにはある理由があります。

それは、セミナーなどでお受けする質問です。

『やり方考え方は分かりました。でも、本当に私でも出来るでしょうか?』

と言う質問です。

 

そう、やっぱり、みんな、

「やってみせてよ!」

 

と思っているんですね。

 

ならば・・・・・

 

だったら・・・・・

 

と、考えた挙げ句、気づいてしまった訳です。

 

究極の、コピーライティング指南法に・・・・・

 

それがこの、

 

 

<中山マコトの脳内を完全公開!>

『コピーライティング手順の書』

 

 

です。

 

では、手順とは何か?

 

それは、

【中山マコトの頭の中をトレースする事】

です。

 

中山マコトが、

■ どう考え

■ どんな手順を踏み、

■ どんな紆余曲折を経て、

■ コピーを完成させて行くのか?

 

をすべてお見せすること。

 

つまり、

■僕が自分の教材を使って、実際にコピーを仕上げる様子をお見せする。

と言う、空前絶後の、チャレンジです。

 

どう考えても、過去に誰もやらなかった、いえ、出来なかった事です。

こんなモノを公開するのはハッキリ言ってキ○ガ○沙汰です。

 

だって、考えてもみて下さい。

自分が開発した教材を使って、自らがコピーを書くわけです。

 

まともなコピーがもし、万一、書けなかったとしたら・・・

自らのノウハウを全面否定する事になるわけです。

 

ハッキリ言って、失敗したとしたら死活問題。

教員免状、取り上げの危機です。

 

でも・・・・・・やるんです、僕。

 

自信有りますから。

確信有りますから・・・。

 

 

で、この教材を創りました。

 

 

ここで採用したのは、僕の数あるコピーライティング教材の中でも

指折りの人気教材二つ

どちらも、人気・定評とも抜群です。

 

【イグニッションフレーズメソッド】
http://nakayama-makoto.com/ignition-phrase.html

と、

【BOXライティング】
http://letter.makoto-nakayama.com/box-writing/

です。

 

 

イグニッションライティングは、ズバリ、

■人のココロを捉え、刺さって抜けない1行=キャッチコピー

を生み出すメソッド。

 

名刺交換をした瞬間に、相手があなたに対する強い興味を持ち、その場で商談が始まる。

名刺を渡しただけで、数日のうち、早ければ“その日”に問い合わせが来てしまう。

あなたが自己紹介文を読み上げるだけで、あなたの周囲に人だかりが出来てしまう。

「ぜひお会いできませんか?」と言う問い合わせが突然増える。

ぜひ会って話を聞かせてくれと言うお願いが毎日何件もやってくる。

おいくら用意すれば、アドバイスをいただけますか?と言う質問が引きも切らない。

 

そんなメソッドです。

 

 

 

BOXライティングは、

 

まったくの、どシロートの女性トレーナーが、生徒数を2倍に 増やしたり・・・

セールス文章に苦労していた整体師の先生が、集客を1.8 倍に増やしたり・・・

保険代理店が扱いを40%増 やしたり・・・

 

そんな成果が続出したノウハウ。

 

■イグニッションで生まれたキャッチコピーを踏まえて、更に『NOと言わせない』詳細なボディコピー=口説き文章

を仕上げるメソッドです。

 

正直、この二つがあれば鬼に金棒。

誰にも負けません。

 

僕が実際に、どうやってコピーを創っているか?

僕の脳の動きを公開するようなものです。

 

と言うか、そのものズバリ、公開しちゃうわけです。

あり得ないわけです。

 

あなたの頭の中に、僕の、

■ライティング手順

を、完全にインストールしちゃうわけです。

 

これで書けなかったら・・・・・逆に奇跡です。(笑)

 

と言うことで、この教材、

 

 

『コピーライティング手順の書』

 

 

をリリースします。

 

 

どうです?興味、ありますか?

興味があったら、ぜひ、この先を読み進んで下さい。

 

 

 

【このテキストの価格

 

 

かつて誰も創ったことのないものに値段を付けるのって大変です。

基準値と言うか参考値が無いですから・・・・

 

本音を言えば、

『いくら頂いても良いメソッド』だと思います。

 

実際に、僕、中山マコトが、

『あなたの横に座って、手取り足取りお教えする』

のと同じ事ですから・・・。

お金には換えられないとも思います。

 

が、価格をつけない限り、販売も出来ません。

 

で、無理矢理こじつけて・・・・

イグニッションライティングとBOXライティングの二つを合わせた値段にしました。

34800円14800円で、

49600

と言う設定をしました。

 

これ・・・・どう考えても安いです。

 

でもね・・・・

やっぱりこれでは手の出ない人も多いのでは無いか?

そう考えました。

 

そこで、勇気を持って、エイッ!と、

29600

30000円を切る金額にします。

 

この、本当に究極としか呼べない教材が、

あなたの、目の前で中山マコトがコピーを創って見せる教材が・・・

29600

で手に入るんです。

 

 

 

早割価格 適用します!】

 

 

 

あなたがもし、

『本気でコピー力を手に入れたい!』

と考えているなら・・・

何が何でも実力を着けたいと考えているなら・・・。

 

この教材は喉から手が出るほど欲しいはずですよね?

 

そしていち早く手に入れるために、即、行動を起こすはずです。

 

つまり・・・・

申し込もうとします。

 

 

僕はそうした、『すぐに行動を起こす本気の人』を大切にしたい。

優遇したいのです。

行動が伴う人を大事に考えます。

 

そこで、

『早期お申し込み=人数限定早割り価格

を設定しました。

 

で、なんと・・・・・

な、なんと・・・・・・・

 

先着20名様のみに限り・・・・・・・

驚きの・・・・・・・

19600

でご提供したいと思います。

 

■先着20名様に限り・・・・・

19600円

で、ご提供します。

 

 

※当然ですが、20セットが完売した時点で、即、

29600円に戻します。

これは必ずそうなります。

ご了承下さい。

 

 

 

【早割り購入者特典は完全未公開の原稿】

 

 

僕は現在、36冊の本を出しています。

で、今後、2017年の9月、10月にかけて、2冊刊行が予定されています。

その2冊、仮題

■値切られた時は値上げをしよう!

■蒙古湯麺中本の看板はなぜ真っ赤なのか?

の、門外不出のゲラ=手直し用原稿

を、進呈します。

 

 

まだ、誰も知らない、著者の僕と編集者以外誰も読んだことの無い、

「完全未公開の原稿」

をPDFファイルで進呈します。

これ・・・・・・価値高いでしょ?

 

 

さて・・・・いかがですか?

中山マコトの脳内、覗いてみる気持ちは固まりましたか?

固まったら・・・・

 

お申し込みはこちらから。

『コピーライティング手順の書』

 

 

 

 

 

追伸

 

ハッキリ言います。

本気の人だけ来て下さい。

今回は僕にとっても初めての、初体験の特別なプログラムです。

僕はこれからもコピーライティングをお教えする本を書きますが、結局、僕が欲しいのは、

“あなたのサクセスストーリー” です。

 

 

要は、僕のメソッドが、ちゃんと成果をだせる!と言う証明がしたいのです。

 

いくら僕のメソッドが優れていても、対象者のやる気が低ければ、決してうまくはいかないでしょう。

それでは困るのです。

 

ですから・・・ 本気の方だけ、お待ちしています。

本気の人にしか、お売りしたくないのです。

 

 

お申し込みはこちらから。

『コピーライティング手順の書』

 

 

 

 

※20セットはすぐに完売すると思います。

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2016-2017 makoto nakayama All Rights Reserved.

 特定商取引法に基づく表示   プライバシーポリシー

中山マコトの「言葉の力を武器に走れ!」