さて、“書いて売る”って、どんなやり方があるでしょうか?

 

■ホームページ?

■メルマガ?

■ランディングページ?

■チラシ?

■ステップメール?

 

 

例えば、

 

★メルマガで告知し、

★ランディングページに登録してもらい、

★ステップメールで関係を深め、

★ホームページで購入まで持っていく。

 

と言う流れなんかがよく見られますよね?

 

或いは、

 

★チラシで告知し、

★ホームページを見て貰い、

★メルマガで刈り取る、

 

って言うのもありですね。

 

もちろん、他にも無限に方法はありますよ。

 

でも、いずれにしろ大事なこと。

それは、

どうあれ、コピーライティングから逃げることは絶対に出来ない。

だって、書かなくては伝わらないですから・・・。

と言うこと。

 

で、この流れに関わるコピーとか文章。

あなたは全部書けますか?

 

例えば、

ステップメールの書き方なんて、知らないんじゃないでしょうか?

 

お客さんが飛びつくホームページの書き方なんて、多分、知らない。

 

一瞬で目を引き、お客さんが買いたくなるチラシのコピー、書けないでしょ?

 

 

で、今からまた勉強をし直しますか?

また、新しいライティング手法、学びますか?

それ・・・・・

無理でしょ?

そんな事、今更やってられないでしょ?

 

だとしたら・・・・だとしたらですよ。

全部、オールインワンで、書ける人に頼んでしまった方が楽じゃ無いですか?

『どうやったら、どう組み立てたら売れるか?』

までアドヴァイスをくれ、しかも“ぜ~~んぶ書ける人”

に任せちゃった方が、絶対に上手くいく。

 

これが真実です。

 

そもそも、あなたの周囲に、知り合いに、

全部をかける人、

いますか?

 

多分、いないはずです。

だって、僕、会ったこと無いですもん。

 

中山マコトです。

でも、僕は書けます。

ぜ~~~んぶ、自分で書いてきました。

これまでの長~~い時間を使って、書いてきました。

売ってきました。

 

その蓄積した“お客さんが飛びつくコピーの書き方”を、

■あなたのためだけ、

 

■あなたの商品やサービスのためにだけ、

 

 

使いたいと思います。

 

 

【書くことは“売り方を組み立てること”と同義。】

そしてここが肝心なんですが、先ほども話した通り、

僕は「販売戦略のプロフェッショナル」であり、「販促アイディアのプロフェッショナル」です。

その知恵を含めて、あなたに提供します。

 

要は、

 

コピーライティング+戦略・戦略部分

をまとめて提供すると言うこと。

 

多くのライターが言うような、

書くのは自分ですが、売り方はあなたが考えて下さい!

と言うことでは無いんです。

 

ここ・・・・・重要です。

 

 

 

 

【こんな方はお断り!】

 

 

中山マコトに頼めば、それだけで、自分は何もしなくても売れちゃう!と思ってる人。

それ・・・無理です。

あなたからの情報が無ければ、もっともっとあなたを知らなくては書けるモノも書けません。

だから、下ごしらえが必要です。

 

 

もちろん取材は必要ですよ。

情報が無ければ書けませんからね。

実際にお会いするのもよし。

それが難しければ電話でも、スカイプでも、使ってやりましょう。 

まずは、僕自身が、あなたやあなたの商品・サービスを知るところから始まります。

 

それが出来たら、あとは・・・書けます。

 

 

 

 

【金額】

 

 

ここでは決められません。

 

だって、何を、どのくらい書くか?が決められないからです。

 

が、これだけは約束できます。

あなたが今、何となくイメージしている金額よりは、

『圧倒的にリーズナブル』

にします。

 

何故って・・・・

僕は“ケース=実例”を創っていきたい。

一件いくら、で稼ぐのが目的では無いからです。

 

なので、金額に関しては、相談=やりとりしながら決めていけば良いでしょう。

それでもし、気に入らなければそれはそれで仕方が無いと思います。

 

 

【募集人員】

 

 

こんな内容なので、僕の方にも大きなリスクがあります。

恐らく、どう考えても、赤字です。(笑)

 

なので、そうそう沢山の要望には応えられません。

 

と言うことで、今回の募集は、

3人のみ、

とさせて下さい。

3人が確定した時点で、締め切ります。

 

 

 

【お問い合わせ、ご相談、お申し込み】

 

 

このメールアドレスから、お願いします。

 

ご相談など何でも結構ですよ。

遠慮は無用です。

やりとりしながら煮詰めていきましょう。

 

<連絡先>

h-wave1984makin@jcom.home.ne.jp

 

 

どうか、前向きなお問い合わせ、お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2016-2017 makoto nakayama All Rights Reserved.

 特定商取引法に基づく表示   プライバシーポリシー